うつ病の種類を学んで改善のポイントにつながる知識にする

menu
笑顔の男性

最新記事一覧

頭を抱える

クリニックを利用

うつ病には症状によっていくつかの種類に分けられており、中には頭痛や体のしびれといった判別しがたいものもあります。大きなトラブルが懸念されるため、なるべく初期段階のうちに専門医療機関を受診することが必要です。

頭を抱える男性

社会問題となる懸念

うつ病の種類には、従来のタイプと新型と呼ばれるものがあります。特に新型うつ病は判断が難しく、勘違いで社会問題につながっている点が指摘されています。不眠症や体重増加などの症状が見られるものの、表面化しにくいのが難点です。

一人遠くを見つめる男性

うつ病を治すために

うつ病を治すためには周囲の理解が必要です。理解をしてもらい適切に治療をするためにも、まずは心療内科を利用するようにしましょう。そこで自分のうつ病の種類がどのようなものかというようなことを把握するようにしましょう。

頭を抱える初老の男性

代表的な症状

メランコリー型うつ病はポピュラーです、昔は、この1種類しかないと言われることもありました。このタイプのうつ病の人は、休養することが重要な治療のひとつになるという前提条件をまず押さえるところから始まります。

壁により掛かる男性

うつ病の原因

うつ病には色々な種類がありますが、ほとんどはストレスが原因です。しかし、ストレスを感じずに生きることはできません。発散することが非常に重要になってきます。方法は色々ありますが、アロマテラピーは多くの人が実践しています。

考える男性

定義をする必要性

うつ病の種類として、メランコリー型うつ、双極性障害型うつ病、気分変調型があります。重要なのは、医師に症状を明確に伝え、うつ病の種類を明確にすることでその後の有効な療法に繋がる点です。

基本的な理論を知る

従来のうつとどう違うのか

うつ病にもいくつかの種類があります。いわゆる抑うつ症状、つまり気分が晴れないとか、気が重いなどの症状のみが出るのを単極性うつ病、あるいは大うつ病と呼びます。それ以外には、うつ状態と躁状態が交互に現れるものもあり、これを双極性うつ病といいます。 この2つは、従来型うつ病と呼ばれます。その一方で、現代型うつ病と呼ばれるものもあります。従来型が自分を責める傾向が強いのに比べると、この場合は主に他責的、つまり自分で問題を抱え込むのではなく、他者を責める傾向があります。それ以外にも責任を果たさないいわゆるモラトリアム、リストカットなどの自傷行為、そして打たれ弱いがほめられると元気になるといった特徴があり、約3種類に分けられます。

効果的な治療方法とは

この現代型の3種類は、非定型とも呼ばれ、若い世代に多いこと、特に自分の関心のあることや趣味は難なくこなせるし、うつ病による休職制度も利用したりすることから、単なるわがままや甘えと取られがちです。しかし本人にしてみれば、ストレスから逃れるために、趣味や関心の高い分野に走りがちになっているわけで、過食や過眠、あるいは疲労感などの症状に襲われることもあります。 無論この新型3種類のうつ病は、従来型と同じ薬物療法が基本になりますが、それ以外にも、コミュニケーション障害を発することが多いため、引きこもりになりがちです。そのため日常生活の中で体を動かす、または散歩するなどの行為を治療として行います。また、殊更に頑張ろうと思わないことも大事です。