うつ病の種類を学んで改善のポイントにつながる知識にする

menu
笑顔を向ける女性

定義をする必要性

メランコリー型うつ等

考える男性

うつ病の種類で最も多い種類は、メランコリー型うつです。メランコリー型うつの症状は、意欲の低下、集中力が続かない、やる気が起こらない等の症状があります。メランコリー型うつの原因としては、性格に起因している事もあります。真面目で、几帳面で、物事が計画通りにいかない場合、自分を責める傾向があります。また、双極性障害型うつ病という種類もあります。症状としては、躁状態とうつ状態を繰り返す事が挙げられます。また、季節のよって、気分が変調します。一般的には夏場は、躁の状態、冬場になるとうつの状態になる傾向があります。また、双極性障害型うつ病のうつの状態とメランコリー型うつの症状が似ているため、双極性障害型うつ病と診断されないケースがあります。

うつ病の種類を明確にする

うつ病のその他の種類として、気分変調型があります。症状としては、1日中気分の重い状態が続きます。メランコリー型うつとの違いは、メランコリーうつ程、症状が重くない事が挙げられます。気分変調型うつ病の特徴としては、気分が重い状態が長期間続く事が挙げられます。この気分の不調が2年間続く場合もあります。このように、一概にうつ病といっても何種類かの種類があります。医師に自分の症状を正確に伝え、種類を明確にする事が大事な事となります。種類を明確にする事によって、その後の薬物療法等の進め方が異なってきます。例えば、双極性障害型うつ病では、抗うつ薬だけでなく、気分安定薬が必要になります。このように、うつ病の種類を明確にし、適切な薬物療法を行う事が大事になります。