うつ病の種類を学んで改善のポイントにつながる知識にする

menu
笑顔を向ける女性

代表的な症状

メランコリー型うつ病

頭を抱える初老の男性

うつ病は1種類しかないと思っている人もいます。しかし、うつ病は1種類だけしかないわけではありません。何種類かあります。 中でも、メランコリー型うつ病はポピュラーです。昔は、この1種類しかないと言われることもありました。ですから、代表的なうつ病と言ってもいいでしょう。メランコリー型うつ病は、真面目で周囲の人に気を使う人がなりやすいので、そう言う人は注意しましょう。また、薬による治療がよく効くと言われており、病院で薬物療法をしてもらえば早期に改善する確率が高くなります。 それだけに、途中で良くなったと自己診断し、薬をやめてしまう人が多いです。当然、再発する可能性が高くなるので薬はきちんと飲むようにしましょう。

休養することが大事

メランコリー型うつ病の人は、休養することが重要な治療のひとつになります。しかし、真面目な性格ゆえに、休養することに罪悪感を持ってしまうことが少なくありません。ですから、仕事をしている家族の誰かががメランコリー型うつ病になると、休養させるのにかなり苦労します。ですから、今は休むことが仕事だと説得しましょう。 また、患者を追い詰めて、自罰的な思考を煽る言動をしてはいけません。このタイプのうつ病は、とくに自分を責める自罰傾向があります。ですから、本当に病気なのかと疑ったり、1日中寝ていることについて責めてはいけません。身の回りのことを適度にサポートしながら、家族全員でうつ病に立ち向かうことが大事です。